さむ~い日は深煎りのコーヒーがおいしいですね😁

コーヒー豆|おすすめ|SAZA COFFEE|徳川将軍珈琲で幕末にタイムトリップ

スポンサーリンク
コーヒー通販・コーヒー豆

どうも!@ichitaroです。

新鮮でおいしいコーヒー飲んでますか?

この投稿は茨城県では知らない人がいないというSAZA COFFEEさんの徳川将軍珈琲というブレンドのコーヒー豆のレビュー記事になります。

自社でコーヒー豆を生産する農場まで持っているというSAZA COFFEEのコーヒーを一度飲んでみたいと思っていました。

最近は東京駅にサザコーヒーKITTE丸の内店がオープンしたり、品川駅や大宮駅の駅ナカに店舗を展開したりと、どんどんと事業を広げているようです。

そんなSAZA COFFEEさんの徳川将軍珈琲とはどんなコーヒーなのでしょうか。

スポンサーリンク

開発者は徳川幕府15代将軍のひ孫さん

この徳川将軍珈琲はブレンドコーヒーです。

インドネシア産スマトラコーヒーをベースにモカジャワを加え、どっしりとした深煎りのコーヒーです。

このコーヒーを開発したのが徳川慶朝さんという、幕末に最後の将軍となった徳川慶喜公の直径のひ孫さんということです。(2017年没)

徳川慶朝さんとサザコーヒーの鈴木誉志男さんとのつながりから徳川将軍珈琲の開発につながったということです。

このコーヒー豆を購入した時に同封してもらったフライヤーから由来の部分を引用します。

私の曾祖父 慶喜は外国人を接待し、よろこんでもらい、何とか外交をうまく進めようと思ったに違いない。日本国の公式行事でコーヒーはこの時がはじめてだと思われる。

なお、慶喜の弟の昭武(あきたけ)を渋沢栄一氏らと共にヨーロッパに派遣した折り、船上ではすでにコーヒーが出され、文献によれば徳川昭武らもコーヒーを飲んだと思われる。

明治になってからも、慶喜はコーヒーを買い求めたふしがあり徳川家とコーヒーは昔から深い関わりがあります。

つきましては、この度「徳川将軍珈琲」として、慶喜が飲んだコーヒーを現代に再現することになりました。インドネシア高級品質のアラビカコーヒー豆を焙煎する事になりました。

慶喜は、外国公使に満足してよろこんでもらうために必死だったと思いますが、21世紀の新しい時代には、私が焙煎し皆様に楽しんで頂きたい。「おいしかった」のひとことをお聞きしたいために、努力したいと思います。人様によろこんで頂こうと思う心は慶喜も私も同じです。

徳川慶朝

サザコーヒーさんのフライヤーより引用

幕末の動乱期に最後の将軍となった慶喜公が飲んでいたコーヒーを再現したということで、大政奉還前後のf複雑な情勢の中、諸外国との様々な交渉の場面で飲まれていたかもしれない味だと思うと感慨深いものがありますね。

さらに詳しい説明は以下のリンクをご参照ください。

サザコーヒー徳川将軍珈琲のサイト

徳川将軍珈琲のおいしい淹れ方

サザコーヒー徳川将軍珈琲

豆の煎り加減はフレンチロースト。

深煎りという焦げだす寸前まで煎りあげた豆となりますので、黒くテカテカとしてますが、脂が浮き出るのではなく、きれいな豆姿です。

徳川将軍珈琲のおいしい淹れ方についても、先程のフライヤーで説明がありました。

徳川将軍珈琲をおいしくいただくために

●湯の温度は65〜75℃(深煎りなので低め)

※低温抽出でも、十分に蒸らし、ゆっくり抽出することで濃厚に仕上がります。飲んで渋いと感じたときは、湯温を下げることで渋みが消えます。

●徳川将軍珈琲はハンドドリップがおすすめ。

●一度に4杯分以上淹れると、よりおいしい。

●器具はあらかじめ温めておく。

●アイスやカフェオレで召し上がる時は、氷や牛乳で薄まる分、濃いめに抽出。

●抽出は最後が肝心。湯が落ちきるまで待たず欲しい分量がたまったら、ドリッパーをはずす。

サザコーヒーさんのフライヤーより引用

65〜75℃の湯温というのは驚きです。

ここまで低いとちゃんと抽出できるのか心配になりますが、ゆっくりと時間をかけて淹れることでこのコーヒーの旨味を引き出すことができるようです。

まとめ

飲んでみた感想はというと・・・

深煎りのどっしりとしたコーヒーなんだけど、モカの華やかさが微かに感じられるしっかりとしたコーヒーらしいコーヒーの味。

少し濃い目に淹れてカフェ・オレで飲むのもいいね。

後味が口に残り水を欲しくなるのは、ちょっと濃いのか、湯温がたかいのか?

75℃でおいしく淹れられる抽出時間がどのくらいなのか、ちょっと色々試してみよう。

@ichitaro

最後の将軍が飲んでいたコーヒーを再現したということで、歴史に思いを馳せながら飲むというのも、またコーヒーの楽しみ方のひとつなんだと楽しくなりました。

サザコーヒーさんの豆は焙煎日は記載されていないけど、蒸らしの時にムクムクと膨らんできますので、焙煎してから1週間以内の豆を販売していると思われます。

とてもおいしいコーヒーでしたので、深煎りコーヒー好きの方にはオススメです。

徳川将軍珈琲の個人的備忘録

  • 苦味:★★★★☆(どっしりとした深煎り)
  • 酸味:★☆☆☆☆(ゼロではない)
  • 甘み:★★★☆☆(甘味がしっかりと残る)
  • 渋み:★☆☆☆☆(アフターに少し残る。湯温で調整か)
  • 風味:★★★★☆(重厚な風味)
  • コク:★★★★☆(まろやかなコク)
  • 香り:★★☆☆☆(モカの香りが少しはいるのかな)
  • 後味:★★☆☆☆(ちょっと水が欲しくなる)
  • 総合:★★★☆☆(冬に飲みたいコーヒー)

今回はここまで。

それでは、よいコーヒーライフを!

サザコーヒーさんのサイトはこちらから

コメント

このブログについて

この記事を書いた人
@ichitaro

コーヒー大好きなアラフィフのおじさんが、コーヒーにまつわる話題や飲んだコーヒーの情報を発信するブログです。
健康と体型維持の筋トレも趣味にしてますので、フィットネスやワークアウトの情報も時々アップしています。

@ichitaroをフォローする