おいしいコーヒーで心も身体も健康になるブログ!😁

メリタ・アロマフィルター|簡単・シンプル・ブレないコーヒードリップに最適

コーヒーの器具

どうも!@ichitaroです。

この投稿は初心者でも簡単に美味しいコーヒーを淹れることができるペーパードリップ用のフィルター「メリタ アロマフィルター」のレビュー記事となります。

外ではコンビニコーヒーやスタバやタリーズでコーヒーを飲んでるけど、家でももっとおいしいコーヒーが飲んでみたい。でも自分でコーヒーを淹れるのは難しいのではと思っていませんか?

普段はインスタントコーヒーや缶コーヒーだけど、家でゆっくりする時はもっとおいしいコーヒーが飲みたい。でも自分でコーヒーを淹れるのは難しいのではと思っていませんか?

少ない道具で簡単においしいコーヒーを淹れられるメリタ アロマフィルターでペーパードリップを始めてみてはいかがでしょうか。

1908年からミゾや穴の数の改良を重ねる

メリタ式のドリッパーは1つ穴というのが特徴です。

定番のカリタは3つ穴となっていますね。

この穴の数でそれぞれのメーカーがそれぞれの味を作り出しています。

たかが穴の数と侮ることなかれ。

コーヒーを抽出する時に味に影響するパラメータには以下のようなものがあります。

  • 豆の量
  • 豆の挽き方
  • お湯の温度
  • 抽出時間

メリタのアロマフィルターは、このうちの抽出時間を最適にコントロールしてくれる優れモノです。

お湯の流れをコントロールするミゾ

メリタ アロマフィルター 1×1

内側に刻まれたミゾは長辺側が上下方向に真っ直ぐ伸び、かつ深いミゾとなっています。

上から見るとこんな感じです。

サイド部分は「くの字」状のスリットが入っています。

このミゾが注いだお湯がサーバーの落ちていく際に理想的な「間」を作り出し、味と香りを引き出すそうです。

さらにひと工夫された穴の位置

メリタには「アロマフィルター」とは別に「コーヒーフィルター」という商品もあります。

「コーヒーフィルター」は底面と穴の位置は同じ高さですが、「アロマフィルター」の穴の位置は底面よりも高い位置にあります。

つまり穴の位置より下に湯だまりができ、ここに雑味やエグ味がたまりサーバーにはおいしい成分だけが落ちていくことになるということです。

1つ穴のメリット

1つ穴なので常に落ちていくお湯の量は一定になります。

コーヒーの抽出において味がブレる原因になるのは抽出する時間の長短です。

長ければ苦味が多くでて、短ければ酸味が強くなる傾向になります。

淹れるたびに味が変わるように感じる時は、抽出パラメータの4つのどれか、もしくはすべてが違っているからです。

アロマフィルターは落ちていくお湯の量は常に一定なので、一番テクニックのいる「抽出時間」が一定になるというメリットがあります。

これが結構大きい。

淹れるたびに味にブレが出てしまう人にはオススメです。

アロマフィルターでコーヒーを抽出してみる

では、実際にアロマフィルターを使ってコーヒーを淹れてみましょう。

準備するのは以下の通り。(1杯分です)

  • ポットもしくはヤカンと90℃くらいのお湯(200ml)
  • コーヒー粉(8〜10g)
  • アロマフィルター
  • アロマジック(ペーパーフィルター)
  • コーヒーサーバーもしくはコーヒーカップ

コーヒー豆は中細引きか中挽きのものを8g〜10gをお好みで用意しましょう。

台形型のペーパーフィルターは同じくメリタのアロマジック ナチュラルホワイト1×1を使います。

ペーパーは厚味や材質により落ちる速さなどが変わることがあるようなので、純正を使用することをおすすめします。

コーヒー豆をペーパーにセット

コーヒー粉をセットしたらタイマーをスタートさせてお湯を注ぎます。

コーヒー粉全体が湿るくらいにお湯をそそいだら一度止めて30秒くらい蒸らしを行います。

蒸らし時間はおよそ30秒

蒸らしが終わったら一気にペーパーの上端ギリギリまでお湯をそそぎます。

お湯を一気に上までそそぐ

あとは待つだけ。

お湯が落ちきるまでにやることはありません。

1杯分(約130〜140ml)だと大体3分くらいですべてのお湯が落ちます

お湯が落ちきるまで待つ

この2回目のお湯をそそげば放っておけることが、このフィルターのいいところ。

朝の忙しい時とか重宝しますね。

できあがり!

およそ140mlのコーヒーができました。

お味の方はというと・・・

ちょっとビックリ!

ものすごくおいしいコーヒーができちゃった(笑)

ドリップ用のケトルでペーパーフィルターにお湯をかけないように「のノ字」を書くように・・・

なんて、手間をかけても思うような味が出せないことが多いのに、ヤカンからドボドボお湯をそそいで待つだけで、なんともまとまりのあるコーヒーがでてきた。

もう、朝はこれで決まり😁

@ichitaro

使う道具も手間も最小限ですので、本格コーヒーを始めるにはもってこいですね。


まとめ

メリタ アロマフィルターは、最小限の道具と手間で簡単においしいコーヒーをつくることができる魔法のようなドリッパーでした。

手間暇かけて最高の一杯を求める「コーヒー道」のようなスタイルも嫌いじゃありませんが、時と場合にはできるだけ簡単においしいコーヒーが飲みたいときもあります。

自分の武器が1つ増えたと捉えればいいのかな?

いい商品を手に入れました。

メリタ式はとてもシンプルな淹れ方のため、豆の味に左右されることは否めません。

できるだけ新鮮なスペシャルティコーヒーを使うとより本領を発揮してくれることでしょう。

.

今回はここまで。

それでは、よきコーヒーライフを!

Amazon|メリタ アロマフィルター AF-M 2-4杯用|ドリッパー オンライン通販
メリタ アロマフィルター AF-M 2-4杯用がドリッパーストアでいつでもお買い得。お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。アマゾン配送商品は通常配送無料(一部除く)。

コメント

このブログについて

この記事を書いた人
@ichitaro

コーヒー大好きなアラフィフのおじさんが、コーヒーにまつわる話題や飲んだコーヒーの情報を発信するブログです。
健康と体型維持の筋トレも趣味にしてますので、フィットネスやワークアウトの情報も時々アップしています。

@ichitaroをフォローする