さむ~い日は深煎りのコーヒーがおいしいですね😁

コーヒー豆|おすすめ|G’DAY COFFEE ROASTERY|エチオピア コチャレ アリーシャ 浅煎り

スポンサーリンク
コーヒー通販・コーヒー豆

どうも!@ichitaroです。

新鮮でおいしいコーヒー飲んでますか?

この投稿はさいたま市でスペシャルティコーヒーの焙煎を専門にしているG’DAY COFFEE ROASTERYさんのエチオピア コチャレ アリーシャというコーヒー豆のレビュー記事になります。

豆を選んだ後にストックからクラフトパックに豆を詰めてくれるのですが、その時にモカのよい香りがフワーッと辺り一面に広がりました。

これは僕の大好きな香り。

否が応でも期待が膨らみます。


スポンサーリンク

エチオピア コチャレ アリーシャ 浅煎りとは、どんなコーヒーなのか?

G’DAY COFFEE ROASTERY エチオピア コチャレ アリーシャ

コチャレ アリーシャというのはエチオピアのコーヒー豆生産地で有名なイルガチェフェにあるコチャレエリアのアリーシャ地区という場所になります。

精製方法はこの地区おなじみのナチュラルであり、特有の甘い香りがします。

エチオピアの豆は他の国と比べると大きさがそれほど揃っていない印象を受けますが、大きさが不揃いということは均一に火を通すことが難しいのだと思います。

しかし豆を見る限り、焼きムラのないきれいな豆ですので、確かな焙煎技術と焙煎前後に行うというハンドピック(欠点豆の選別)が為せる産物なのではないでしょうか。

G’DAYさんのサイトには次のような説明がありました。

いわゆるナチュラルモカ。

ストロベリーを思わせる明るい酸味とフルーティで芳醇な風味が特徴。

コクはあるが滑らかな飲み心地でスッキリとした飲み心地。

G’DAY COFFEE ROASTERYのサイトより引用

飲んでみた!

G’DAYさんの店舗に伺った時にサーブしてくれるコーヒーはHARIO V60で淹れていましたので、今回は同じV60を使い淹れてみます。

抽出レシピは次の通り。

  • 豆の量   : 15g(中細挽き)
  • お湯の量  : 120ml(味見をしてから足し湯(+30〜50mlくらい)で調整)
  • お湯の温度 : 90℃
  • 注ぎ時間  : 150sec以内
  • 抽出方法  : ペーパードリップ
  • ドリッパー : ハリオV60

お味の方はというと・・・

ナチュラルらしい華やかな香りが袋を開けた途端に漂ってくる。
大好きなモカ香のコーヒーは少しの苦味としっかりとした酸味で濁りを感じないクリーンなカップ。
もう少し甘みがあるとベストに近いんだけど。
後味も嫌な感じは全くないおいしいコーヒーだ。

@ichitaro

まとめ

僕はイルガチェフェのコーヒーが好きで、色々なロースターさんの豆を飲んでいますが、その中でも今回のG’DAYさんの焙煎豆は好みに近いものでした。

モカの香りからもたらされる独特の風味がしっかりと感じられるコーヒーです。

様々な淹れ方で飲んでみて、自分好みの味を見つけてみたいと思います。

今回はここまで。

それでは、よいコーヒーライフを!

コメント

このブログについて

この記事を書いた人
@ichitaro

コーヒー大好きなアラフィフのおじさんが、コーヒーにまつわる話題や飲んだコーヒーの情報を発信するブログです。
健康と体型維持の筋トレも趣味にしてますので、フィットネスやワークアウトの情報も時々アップしています。

@ichitaroをフォローする